山本ひろこの想い

~目黒区長選挙へ挑戦するにあたって~

平和都市・広島で生まれ育ち、大学入学を期に上京。東山小出身の夫と結婚してから目黒区に住んでいます。もともとは政治に必ずしも興味関心が高かったわけではありませんが、ITエンジニアとして必死で働いている中で、3人の娘が生まれ、社会貢献をしたいと思うようになりました。保育園入所率ワースト1の目黒区で、4年連続の保活に苦しんだ体験を機に政治行政を学び、区議会議員に立候補。未来を担う子どもたちにツケを回すことのないよう、あたらしい技術や工夫で、区民にも財政にもやさしい目黒区にするべく、ずっと闘ってきました。

区議2期目を迎えた2019年、監査委員を拝命して区内各施設を回り、施設の老朽化で苦しむ学校現場の現状を目の当たりにしました。区内の大半の学校が築50年を超える中で、些細な手直しで先生たちの手間が大幅に取られたり、不便や危険な状況でも使用を継続せざるを得なかったりしています。学校現場が抱えている困難は、これ以上先送りにできる状況ではありません。それなのに、目黒区は学校の老朽化にどう対応するかを決めることさえできずにいます。

さらには、2018年に目黒区で起こった痛ましい女児虐待死事件は日本中から大きな注目を浴び、私自身も目黒区に住む母親として、区議会議員として、痛恨の思いで迅速な対応の必要性を強く訴えましたが、今の目黒区長は児童相談所開設に向けた積極的な動きを起こそうともしていません。保育園の待機児童解消についても、需要予測ミスと後手後手の対応により本格対応があまりにも遅すぎましたし、学童保育クラブは、定員の倍の子どもたちを受け入れたために異常な過密状態となり、第二のおうちと呼べるような家庭的な環境どころか、安全管理で手一杯です。2005年に都内で初めて制定された「目黒区子ども条例」では、子どもが利用しやすい施設の運営や居場所づくり、虐待やいじめなど子どもの権利侵害の予防が謳われています。全国に先駆けて子ども条例を制定したにも関わらず、目黒区の子どもたちの育成環境は特段充実しておらず、条例がないがしろにされています。

昨年秋の台風15号・19号の災害時には、防災無線がまったく聞こえない中、近隣区からは携帯のエリアメールが鳴り続けるのに、目黒区では一切発信されず、区民は情報不足で不安と混乱に陥りました。住民の命を守る自治体としての責任が欠如しているがゆえに、住民視点の安全・安心のための情報提供に欠けているのではないでしょうか。

本来、東京でも有数のブランド力を誇るはずの目黒区は、4期16年の多選で居座り続ける区長のリーダーシップの欠如で、政策判断のスピードが遅すぎて、「特徴がない」「魅力に欠ける」街に成り下がってしまっています。女性人口が多く、多才な住民が住んでいるにもかかわらず、それらを活かした特徴のある取り組みはありません。また、長期的な財政計画が適切に行われなかったせいで、数年前には緊急財政対策と称して短期間で一気に180億円もの事業カットを行い、ギリギリまで人員も削減しました。この16年で役所も地域の施設も学校も疲弊しています。このままだと私たちの目黒区はいったいどうなってしまうんでしょうか。

あたらしい目黒区は、あたらしい目黒区長でつくる。

幅広い層の住民との対話をもとに、オープンで未来志向のワクワクする個性的な地域社会を、そして、子どもも高齢者も障害者も、誰ひとり取り残さずに共に学び支え合う、文化の香り豊かでやさしい目黒区をつくっていきませんか?

そして、立憲主義や民主主義という普遍的な価値観を大切にしつつ、多様な人が共感しあえる社会へとシフトしていく。すべての人に居場所がある、あたらしい目黒区をつくりあげていきませんか?

あなたと一緒に、あたらしい目黒区へ。

山本ひろこは、この春の目黒区長選挙に挑戦します。

2020年2月19日
山本 ひろこ

PDFをダウンロード
友だち追加

PROFILE

略歴

山本ひろこ - 目黒区議会議員

1976年12月生まれ、広島市出身。
埼玉大学卒業 →東洋大学院 公民連携学修士 →東京工業大学院 環境社会理工学部博士課程後期 在籍中。目黒区議会議員2期。

【子ども時代】男の子になりたかった子ども時代、ショートカットで男の子の服を着ていたことも。小学校の時は、上履きや教科書を捨てられたり、郵便受けにゴミを入れられたり…と、わかりやすいいじめを受けつつも、やられたらやり返すような強気な性格だった。中学生は漫画とアニメに夢中になり「おたく」友達が増えた。高校時代は不条理な無視を受け、孤独な3年間を過ごすも、上京することだけを夢見て、不思議と不登校にはならなかった。X JAPANやJリーグに夢中になることで、学校に友達がいなくても耐えられたような気がする。
【バイクと音楽】大学入学を機に上京。自由人となりバイクとバンド活動に明け暮れる。
【就職氷河期】就職活動もあまりせずに卒業。保険セールスからWEBデザインまで仕事を掛け持ちしながら、休みを取ってはバックパッカーとして海外放浪を繰り返す。
【転職】元々好きだったIT関係の専門職に就きたくて猛勉強。IT系資格をいくつも取り、20代後半で外資金融企業のITエンジニアに。
【結婚】目黒区東山小出身の米国籍の夫と国際結婚し、3姉妹の母となる。夫が障害者となり、健康管理士取得。
【政治行政】保育園入所率ワースト1の目黒区で、3人娘のために4年連続で保活をするうちに、行政の在り方に疑問を抱く。ふと参加した自治体財政研究会にて地方自治の役割を学び、真の住民自治の実現に向け、区議会議員選挙への出馬を決意。以来、「子どもにツケをまわさない」社会に向けて、ひた走り続けている。
【議員に】2015年目黒区議会議員選挙に2,350票で初当選(8位)。2019年に5,202票の2期目当選(1位)。
【目黒区民歴】青葉台 →大橋 →中目黒
【趣味】筋トレ、バイク、ダイビング、ハリウッド映画や60~70's洋楽。無添加マニア。
【将来の夢】娘たちとのツーリング

32歳の頃

所属

PPP(公民連携)研究所
情報通信学会
日本テレワーク学会
日本税制改革協議会
日本成人病予防協会
日本二輪車文化協会

= メディア履歴 =
・AERA (2015) 特集「政治家を目指すワーママたち」
・朝日新聞 (2019)「女性躍進 国政も変わるか – 区議選トップ当選続々」
・朝日新聞デジタル(2019)「女性公認」が全員当選 地方選で起きた波、参院選では
 
・ELLE JAPAN(2019)特集Woman in Society「自らが感じた行政の「不便」を元ITエンジニアの視点で変えていく」

BLOG

山本ひろこ公式ブログ

記者会見を終えて

2020年2月21日

テーマ:政治関連

記者会見後、会派メンバーと(^^) 私の挑戦を快く受け入れ、全力で応援してくれている仲間です✨この一年、素晴らしいチームワークと仲の良さを実感しました😊仲間に恵まれて、感謝感謝です❣️ […]

Read More…

目黒区長選挙への挑戦を決意しました!

2020年2月19日

テーマ:政治関連

4月19日に行われる目黒区長選挙への挑戦を決意し、本日、目黒区議会本会議の代表質問にて出馬の意向を表明。その後、記者会見を行いましたので、ご報告いたします。 区長選に向けての私の想いについては、トップページに記載しました […]

Read More…

☆議場コンサート(弦楽四重奏)のお知らせ☆

2020年2月7日

テーマ:政治関連

目黒区議会では、第一定例議会の初日に、議場コンサートを行います。中目黒にできた東京音楽大学の学生さんたちがクラシックを演奏してくれます。お近くの方はぜひ(^^) ☆議場コンサート(弦楽四重奏)のお知らせ☆ 日時:2/18 […]

Read More…

SOCIAL

ソーシャルメディアでの発信

YOUTUBE

YOUTUBE公式チャンネル

Team HIROKO

推薦人

千葉商科大学院 教授
吉田 寛

「なぜ税を払うのか?」「なぜ子供にツケを回してはいけないのか?」山本さんに聞いてみてください。チョットだけならズルしてもいいいと思っているうちに、多くの人は原理原則を忘れてしまいました。山本さんは、原理原則を大切にしている人です。

推薦人

元・我孫子市長
中央学院大学 教授
福嶋 浩彦

借金は未来の市民への増税。借金にたよって既存サービスの維持・拡大をしようとする自治体運営を根本から変える必要があります。「子供にツケをまわさない!」と決意する山本ひろこさんに期待しています。

推薦人

東京工業大学院 教授
弓山 達也

山本さんが学生の時から知っています。一際目立つ、行動力のある学生でした。今も議員・母親・大学院生、いろんな顔を持ち、それぞれに力を発揮する行動力のある人です。東日本大震災後の人々の信頼、規範、ネットワークといったソーシャルキャピタルを研究する者として、山本さんの活躍を強く期待します!

お問い合わせ